ドライクリーニングの基礎知識

ご家庭では、ドライクリーニングはできませんがドライクリーニングがどういう洗濯方法なのか知っておくと…

家庭洗濯機のドライマークコースがなぜ、あまり動かないのか?なぜ、専用のネット等に衣類をいれて洗うのか?などが、よく分ると思います。

予備知識としてあれば、ワンランク上の洗濯ができます。


ドライ洗浄機
ドライクリーニングの汚れ落し

ドライクリーニングは、水ではなく油を溶かす溶剤を使用して洗います。

油汚れは溶剤に溶けるので落ちやすく、水にも油にも溶けない不溶性粒子も油脂がボンド役をしている油脂を溶かすので落ちやすくなるのが特徴です。

また、毛などのドライ衣類をご家庭で洗濯(水)する場合は、つけ置きなどの手洗いで洗うので機械力はかけられません。ドライクリーニングでは、機械力をかけられるので不溶性の汚れが落ちやすくなるのが利点です。

ドライソープ

ドライクリーニングは、溶剤に溶けない水溶性の汚れを取り除くことができないのが欠点です。そのため、溶剤に少量の水を混ぜ、ソープを加えて適量の水分を可溶化させた溶剤が使われています。

この洗剤をドライソープと呼んでいます。

ドライソープの界面活性剤は、水の場合とは逆に親水基を内側に、疎水基を外側に向けてミセル(逆ミセルという)を形成しています。水と水溶性汚れを溶剤中に可溶化(溶けた状態)していますので多少の水溶性汚れは、ドライクリーニングでも取り除けます。
このときに溶剤中の水分が多いと、洗濯物が水の影響で縮みや色落ちなどの損傷を与えてしまいます。